サイトメニュー

いぼを取り除こう

水着姿の女性

治療時に大切なこと

皮膚科や美容整形外科で、いぼを取る手術をするときは、どのような事に気を付ければよいのでしょうか。いぼを取る手術は入院などはなく、基本的に日帰りです。入院の準備をする必要はありません。化粧をしているとだめな時もあるため、病院の公式サイトを見て調べるか、事前に問い合わせるようにしましょう。手術前の診察で、当日に必要な物を教えてもらえます。お医者さんの指示に従って持ち物を用意します。いぼは、種類や大きさ、体のどこに出来たかなどによって治療方法が変わってきます。手術をする前に、皮膚科の知識がある医師の診察を受けて、種類を調べてもらう必要があります。手術後の皮膚の美しさに気を使ってもらえるのは、美容整形外科です。美容整形外科ではきれいになる事を第一の目的とした治療を行っています。美容整形外科では主にレーザー治療で、いぼを切除するのですが、レーザー治療では治しきれない種類のいぼも存在します。せっかく切除手術を受けたのに、再発してしまっては悔しいですね。そうならないために、美容整形外科ですぐに手術をするよりも、皮膚科での診断を受けた方が安心です。理想的には、皮膚科と美容整形外科の両方があるクリニックを探すのが一番良いです。美容整形外科で行われるいぼの切除手術は、出血や苦痛を伴わない治療が多くて人気になっています。中には、治療する際の苦痛が多く、治るまでに時間がかかる治療方法もあります。もしも、いぼの種類が苦痛を伴わないレーザー治療で直せるものであれば、そちらで治した方がストレスを感じなくて済みます。特に炭酸ガスレーザーでの治療は、施術にかかる時間が短く、ひとつのいぼにつき3分から5分で治療することができます。ただ単にいぼをなくすだけではなくて、肌を元通りの奇麗な状態に戻すための治療です。切除手術を受けた次の日にはメイクができるなど、すぐに日常生活を送れるのも人気の秘訣となっています。美容整形外科では手術前のカウンセリングをしてもらえます。切除をどのような形で行うか、患者さんが納得いくまで説明してくれるため、安心して当日を迎えられます。通院前に自分の希望をまとめておいて、カウンセリングで医師に伝えるのがいいでしょう。治療後のアフターケアまで、責任をもって担当してもらえます。いぼをレーザー治療で切除した後に、色素沈着が起こってしみになってしまう場合があります。そういう時も、美容整形外科では、シミをレーザー治療で消したり、シミを消すためのビタミンCや塗り薬を処方してもらえたりします。

診察

保険が利くかどうか

一般的には電話での申し込みか、メールフォームでパソコンやスマートフォンからカウンセリング予約して申し込むことが定番です。いぼの治療方法は切除かそれ以外かによって保険適用となるかどうかが変わり、数百円から数万円まで幅広い治療方法があります。

詳しく見る

女性

信頼出来る病院選びは

いぼの治療はいぼの状態によっては長引くことも少なくありません。最終的には切除に踏み切る人も多くなっています。数十分で終わる簡単な手術といわれますが、確かな腕前の医師を選ぶ必要があります。評判や口コミをチェックしましょう。

詳しく見る

顔に触れる女性

大きいものは手術で

年齢を重ねると出てくる老人性のいぼは、小さいうちはレーザーで蒸散させられますが、大きくなるとメスで切除することになります。メスで切除した後、真皮縫合を行う美容外科などであれば、手術跡はほとんど目立ちません。

詳しく見る

看護師

美容的な問題を解決

40代以降に出やすいいぼの老人性疣贅は、美容的に大きな問題となることがあります。大きくなると切除法で除去しますが、小さいうちは電気メスや炭酸ガスレーザー、エルビウムヤグレーザーなどであっという間に蒸散させられます。

詳しく見る

人気記事

診察

保険が利くかどうか

一般的には電話での申し込みか、メールフォームでパソコンやスマートフォンからカウンセリング予約して申し込むことが定番です。いぼの治療方法は切除かそれ以外かによって保険適用となるかどうかが変わり、数百円から数万円まで幅広い治療方法があります。

詳しく見る

女性

信頼出来る病院選びは

いぼの治療はいぼの状態によっては長引くことも少なくありません。最終的には切除に踏み切る人も多くなっています。数十分で終わる簡単な手術といわれますが、確かな腕前の医師を選ぶ必要があります。評判や口コミをチェックしましょう。

詳しく見る

顔に触れる女性

大きいものは手術で

年齢を重ねると出てくる老人性のいぼは、小さいうちはレーザーで蒸散させられますが、大きくなるとメスで切除することになります。メスで切除した後、真皮縫合を行う美容外科などであれば、手術跡はほとんど目立ちません。

詳しく見る