サイトメニュー

保険が利くかどうか

診察

医療機関で料金は変わる

いぼを切除する方法は複数に分かれていますが、申し込み方法は医療機関によって色々ありますので、都合のいい方法を選びましょう。電話で予約し、カウンセリングを受けて申し込む方法と、インターネットの申し込みフォームから申し込んで、カウンセリングを受けて決める方法が主流です。どちらの方法もカウンセリングを受けてから申し込むことが定番とされていることや、問い合わせでわからないことを聞いてから申し込めるのがメリットといえます。一般的にいぼを切除する方法としてはレーザーや液体窒素、更に内服薬で取り除く方法で、どの方法も30分はかかりません。料金も比較的安く行えることや、再発しづらいことから人気が高く、利用しやすいといわれていますので、カウンセリングで相談しましょう。カウンセリングを受けてから申し込んだ方がいい理由としては、取り除く時の医療機関との相性や、料金で納得できるかどうかがわかるからです。医療機関ごとに治療の料金が変わる為、事前に料金をホームページで確認してから利用することも医療機関への申し込みに影響するでしょう。皮膚科・形成外科・美容皮膚科・美容整形外科などで取り扱っているため、相性のいい医療機関に申し込むことが一番大切です。きになるいぼを取り除く方法は複数に分かれているため、料金も多少変わることを理解しておくことをお勧めいたします。レーザーで切除する場合、レーザーの強さや大きさ、個数やその種類によって料金が大きく異なります。全国的な平均値としては1ミリあたり2から6千円あたりが主流となっており、それ以上やそれ以下のところもあるため、確認しましょう。跡が残りにくく、二度とできない可能性が高いといわれているため、治療する人が多い方法ですが、価格が高い場合も少なくありません。液体窒素で凍らせて焼ききる方法も再発防止にはもってこいとされるうえ、一番のメリットとして挙げられるのが保険適用になることです。数個あるいぼが千円から2千円弱で治療可能とされているため、たくさんある人にとっては効率よい治療方法でしょう。治療する時間も短い時間であるため、手軽に治療したい人に便利といわれていますが、取り除けない場合は治療を何回もする必要があります。内服薬で治療を行うことも可能といわれており、医師のカウンセリングの結果によっては内服薬を処方しての治療が可能です。保険適用される場合には1ヶ月で千円程度の料金がかかりますが、1ヶ月で治ることはなく、長期間の治療が必要となります。なお、手術で切除しなければならない場合、保険診療の場合には数百円、保険対象外の場合には数万円かかることを理解して受診しましょう。